製品紹介

リース及びレンタル事業向け総合システム

Lease System Xtend(LSX)

100社以上の導入実績を誇るLSWシリーズで培ったノウハウと業務知識をもとに開発した クラウド型サービス。

Lease & Rental System for Windows(LSW2)

1997年の販売開始以来100社以上に導入し、時代とともに常にアップデートしてきたリース 事業様向け総合システムパッケージソフト。

会計基準変更や税制改正に、一定の保守費用内で対応!

グループ企業内リース事業から大規模リース事業まで幅広く対応。多彩なオプション
機能を搭載し、カスタマイズ(修正)なしで、早期導入が可能です。
・一般リース・自動車リース・各種割賦・転リース・各種レンタル・Web 他
多様な商品を扱う開発会社が作成したものとは違い、リース事業に特化した弊社が常に全力で取り組んでいるパッケージです。

こんなお悩みを解決します

修正仕様を考える手間や時間

修正仕様を考える手間や時間

仕様を誤ったり制度改正に間に合わないリスク

仕様を誤ったり制度改正に間に合わないリスク

改正ごとにかかる高額な改修費用

改正ごとにかかる高額な改修費用

導入メリット

短期間で基幹システムの移行が可能

LSX/LSW2 は、多種多様な機能切替が可能となっております。 多様な導入実績により、導入各社にあった設定で使用開始することが可能です。 (会社マスタの機能切替、標準移行機能の搭載により、カスタマイズ工数の縮小と早期立上が可能です。)

ランニングコストの削減

会計基準の変更・税制改正、法改正は一定の保守料内にて対応いたします。新たな開発費用をご負担する必要は 御座いません。

ユーザー会で情報交換

定期的に開催されるユーザー会には、多数の導入企業様がご出席しています。 今後発生する会計基準の変更や、税制改正・法改正への対応方法の検討会の実施や、新規業務の立ち上げ等多彩な 情報交換が行えます。

豊富な機能を享受できる

リース業向けパッケージとして豊富な機能を取り揃えております。リース会社様においては様々な会計処理方法が あり、また、契約書や借受証等のエンドユーザー様向け帳票についても多様な種類がございます。 それらの機能を切り替えることにより、多種多様な組み合わせでの機能を提供しています。 詳細は機能概要を参照ください。

安心のアフターフォロー

国際会計基準 (IFRS) への会計基準変更や、消費税改正、法人税改正等の税制改正、法改正は一定保守費用内でサポ ートいたします。 LSX/LSW2 のソースコードは唯一の為実現できるアフターフォローです。 また、常にリース業界の動向を踏まえ、機能アップを繰り返します。

正確なデータ管理が可能

見積情報がそのまま契約情報へと結合。見積時の情報を再登録する必要がありません! 㱺契約-物件-車両の不整合の防止、物件の遊休、償却停止、未処分管理 豊富な管理資料、データ検索、正確な期日管理 㱺請求書発行、満期案内、中途解約予約入力、満了予約入力、未処分物件チェック

稼働環境

アプリケーションサーバー データベースサーバー クライアント
CPU Xeon2.4GHz以上
(Nehalem系以降推奨)
Xeon2.4GHz以上
(Nehalem系以降推奨)
Corei5以上
PentiumⅣ 2.4GHz 以上 推奨
メモリ 4GB 以上推奨 4GB 以上推奨 4GB以上推奨
OS Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7 Pro
Windows 8.1Pro
Windows 10Pro
容量 100GB 以上 300GB 以上 40GB 以上

導入事例

A社のケース

【パッケージ導入の経緯】
他社パッケージに独自カスタマイズし運用を行ってきたが、2008年新会計適用にて莫大なコストが発生してしまったことにより、今後の会計基準変更、税制改正に耐えられないと判断し基幹システムの刷新を検討。
また標準パッケージ機能に独自カスタマイズを莫大に行ってきてしまった為に、システムが擬人化してしまい、システムダウン時のリスク回避のためパッケージの導入を検討。
会計基準の適用に莫大なコストがかかってしまった経緯もあり、会計基準や税制改正・法改正のシステム開発費用の発生しない弊社パッケージ「Lease & Rental System for Windows」の導入を決定。

B社のケース

【パッケージ導入の経緯】
独自システムを開発し運用を行ってきたが、日々改定が繰り返される会計基準、税制改正・法改正に、社内SEがついていけず、誤ったシステム開発を行ってしまった経緯もあり、パッケージ導入を検討。
会計基準の適用に莫大なコストがかかってしまった経緯もあり、会計基準や税制改正・法改正のシステム開発費用の発生しない弊社パッケージ「Lease & Rental System for Windows」の導入を決定。

C社のケース

【パッケージ導入の経緯】
約10年間LSWで安定的な運用を行ってきたが、将来を見据えていち早くLSXに切り替えを実施して頂きました。
今までの、税制改正・法改正を一定の保守料で対応する実績を評価して頂き、パイロットユーザーとして切り替えを行いました。
初回決算も終わり、処理一巡して、安定運用にてご使用いただいています。