本文へスキップ

リースシステム、リースパッケージのIFRS、国際会計基準対応について。

TEL. 048-263-1733

〒333-0851 埼玉県川口市芝新町4-6 YS-TOWER 5F

LSWのクラウドコンピューティング対応

はじめに

今回は、LSWのクラウドコンピューティング対応と導入事例について紹介していきたいと思います。


クラウドコンピューティング

クラウドとは、ネットワーク(通常はインターネット)を表し、コンピュータシステムのイメージ図で ネットワークを雲の図で表す場合が多いことからクラウド(cloud=雲)と言われています。

従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人など)がハードウェア、ソフトウェア、データなどを 保有、管理していたのに対して、クラウドコンピューティングでは、サービス提供者が提供するサービスを ユーザはインターネット経由で使用することを言い、下記のような種類があります。

SaaS(Software as a Service) / ソフトウェアをサービスとして提供する形態。
アプリケーションをインターネット経由のサービスとして提供する形態のことを言います。

PaaS(Platform as a Service) / SaaSによるアプリケーションの実行基盤を提供する形態。
アプリケーションを使用するための土台となるプラットフォームを、インターネット経由のサービス として提供する形態のことを言います。

IaaS(Infrastructure as a Service) / 仮想化技術を利用してCPU、ストレージ、OS、ミドルウェアなど、 システムを構成するためのインフラを提供する形態。
仮想化されたプラットフォームなどのコンピュータ基盤を、インターネット経由のサービスとして 提供する形態のことを言います。

クラウドコンピューティング種類



LSWのクラウドコンピューティング対応について

LSWでは、Citrix XenAppを使用したクラウドコンピューティングでのアプリケーション提供を 行っております。


XenApp使用時の構成図

・XenAppサーバ上にのみLSWをインストールし、SaaS形式での使用が可能となります。

・使用するパソコンにLSWをインストールせずに、XenAppサーバにLSWをインストールした後、ユーザは、LSWを使用することが可能となります。

XenApp構成図


XenApp導入時のメリット
・サーバ上にのみLSWのインストールを行い、クライアントへのインストールが不要。
⇒ LSW(アプリケーション)やデータをサーバにて集中管理でき、セキュリティ強化が行えます。
・自社外のサーバ環境(データセンター)でも、LSWの操作速度遅延が防げる。
⇒ Citrix XenAppは、サーバ上でアプリケーションを実行し、画面イメージのみをクライアントへ
  送信している為、アプリケーション操作速度の遅延を防げます。


導入事例の紹介

XenAppを使用したLSWの導入事例を紹介させて頂きます。

導入の経緯について
・クラウドコンピューティングでのLSW導入前は、通常のクライアントサーバ型でLSWを  運用されていましたが、自社構内に設置されたサーバのデータセンター移設に伴い 導入を頂きました。


導入後の効果について
・LSWなどのアプリケーション管理をサーバ上で集中管理し、管理工数の削減が行なえた。
・現状使用しているWindowsXPのパソコンをWindows7に切り替えを行なったが、従来発生した 切替による各アプリケーションインストール作業が不要となり工数削減が行なえた。
・LSWで使用する会計資料データや口座振替データなどをサーバ上で管理することができ セキュリティ強化が行なえた。
・データセンターへのサーバ移設によりLSW操作速度の悪化が懸念されたが、従来通りの操作速度を保つことができた。
LSW XenApp導入事例(導入前)

LSW XenApp導入事例(導入後)




バナースペース

株式会社リースシステム企画

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町4-6
YS-TOWER 5F

TEL 048-263-1733
FAX 048-269-1745