本文へスキップ

リースシステム、リースパッケージのIFRS、国際会計基準対応について。

TEL. 048-263-1733

〒333-0851 埼玉県川口市芝新町4-6 YS-TOWER 5F

平成24年度税制改正に伴う自動車重量税の変更

はじめに

今回は、平成24年5月1日より適用が開始されている「自動車重量税の変更」について、どのように 税額が変更になったのか、どのような車両が変更対象となったのかをみていきたいと思います。


適用時期

平成24年5月1日から適用されています。
基本的には、エコカー減税対象車以外で初度登録(初度検査)から13年以上経過している車両または、 エコカー本則税率適用車以外は、自動車重量税の変更があります。


自動車重量税の変更フロー

参考までに、平成22年度税制改正に伴う自動車重量税の変更を記述しておきます。

 平成22年度税制改正に伴う自動車重量税の変更内容

次世代自動車:ハイブリッド自動車・電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車・ クリーンディーゼル自動車・天然ガス自動車等

上記で”次世代本則税率”となっていますが、この税率を適用される対象車両はエコカー減税対象車となりますので、ガソリン車も含まれます。

※ エコカー減税対象車一覧は、国土交通省のHPを参照してください。


平成24年度税制改正に伴う自動車重量税の変更内容

※ エコカー減税対象車一覧は、国土交通省のHPを参照してください。



車両検査のマトリックス(自動車重量税)

平成24年度税制改正を簡単なマトリックスにすると、以下のようになります。
車両検査のマトリックス

平成24年度税制改正による自動車重量税の減税は”2015/04/30”までとなっています。
平成22年度税制改正と平成24年度税制改正を考えると、 次回改正は平成27年度税制改正として”2015/05/01”から新たな税額が設定されるか、 平成24年度税制改正が継続されることが予測されます。
 

1.乗用(一部のみ) ※ 新しい自動車重量税の税率表は、国土交通省のHPを参照してください。

自動車重量税の税率票

上記”エコカー”欄がエコカー減免適用の元となっています。
3年自家用(新車新規検査)の際の税額は以下のように計算されています。

1年自家用エコカー税額 * 3年 * 軽減税率
0.5t以下50%減税例)
2,500 * 3 * 50% ≒ 3,700 (端数100円未満切り捨て)

※ 重量税額計算の元となる金額は、1年の最小重量税額(自家用は水色部分)です。


システム対応にあたって

現在、社内での要件検討を行っております。
また、LSW導入ユーザ様より聞き取り調査も平行して行っている段階です。
システム改修の要件が固まり次第、対応内容を改めて更新させていただく予定です。

(LSW重量税車種マスター登録画面)
LSW重量税車種マスター登録画面

上図「LSW重量税車種マスター登録画面」修正点として・・・

@ 重量税車種CDを使用しているリース車両の重量税支払額を一括で展開する機能を有していますので、 この機能の拡張を行う必要があります。

A 重量税額は、年額だけでは足りませんので、50%減税の額やエコカーの額、エコカー以外の額や 13年・18年経過を考慮した金額を持つ必要があります。 
また、今回は13年・18年の区切りだけですが、次回税制改正時にはもっと複数の区切りなどが 発生する可能性もありますので、この点も考慮したシステム改修が必要と考えております。


バナースペース

株式会社リースシステム企画

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町4-6
YS-TOWER 5F

TEL 048-263-1733
FAX 048-269-1745