本文へスキップ

リースシステム、リースパッケージの平成20年度税制改正、リース資産、リース物件、償却資産税申告、固定資産税申告

TEL. 048-263-1733

〒333-0851 埼玉県川口市芝新町4-6 YS-TOWER 5F

平成20年度税制改正CONCEPT

耐用年数等の見直し

平成20年度税制改正により減価償却資産の耐用年数に関する省令の見直しがあり、機械及び装置を中心に資産区分が390区分から55区分に改正されました。
これに併せて耐用年数が変更されており、以前から所有しているリース資産であっても種類によっては耐用年数が変更されています。
なお、改正後の耐用年数による減価償却費の計算は平成21年度申告分からになります。

また、従来は固定資産の「評価額」と「理論帳簿価格」を比較し、いずれか高い方を決定価格にするように定められておりました。
しかし、今回の税制改正の中で、「戦後のような急激なインフレーションも無く、一律に資産評価が行われることが無いこと」、「平成19年度税制改正による250%定率法対象資産の理論帳簿価格は、一般に評価額を上回ることはないこと」から理論帳簿価格制度が廃止され、「評価額」が決定価格となりました。
あわせて償却資産申告書の様式が帳簿価額の記入欄を削除する形で一部改正となりました。

【従来】
   評価額 > 理論帳簿価格のとき
   決定価格 = 評価額
   評価額 < 理論帳簿価格のとき
   決定価格 = 理論帳簿価格
【平成20年度税制改正】
   常に 決定価格 = 評価額
   理論帳簿価格制度は廃止

償却資産税申告書イメージ

バナースペース

株式会社リースシステム企画

〒333-0851
埼玉県川口市芝新町4-6
YS-TOWER 5F

TEL 048-263-1733
FAX 048-269-1745